家のエコにつながる常識

最近は地球温暖化等が進みエコな生活が求められています。人間が生活する中でたくさんのエネルギーを使用しているのが家屋内です。暑い夏場であればエアコンを使用して室内を快適な環境にするためにエネルギーを使いますし、冬場も石油ストーブやエアコンを使用して室内を温かくして寒さをしのごうとして多量のエネルギーを使ってしまいます。家屋で使用するエネルギーも最新の住宅と築何十年もたつ家屋とでは大きく違います。最新の住宅であれば壁や屋根などから逃げるエネルギーを、断熱性能を高めることによって極力低減して、エコに貢献する住宅となっています。

築何十年もたつ家屋でも、最新の住宅と同じように断熱性能を高めて、エネルギーのロスを小さくすることが出来ます。それは、外壁や屋根に特殊な断熱塗料や遮熱塗料を塗装して家屋に入ってくる熱や家屋から逃げる熱を低減する方法です。遮熱塗料を使用すれば太陽熱による室内の温度上昇を防止して夏場の暑い室内を涼しくすることが出来ます。遮熱塗料は、家屋の壁面に多量の断熱材を使用するのと同じように、熱の侵入を防いでくれる効果があります。遮熱塗料を施工するメリットは、断熱材を家屋に施工しようとすれば、壁をはがさなくてはいけなくて大幅な工事が必要となりまsが、塗料であれば壁に塗るだけなのでとても簡単に施工することが出来るというメリットがあります。

壁や屋根に塗装を施工するメリットはほかにもあります。屋根に隙間が出来たり、壁にひびが入ったリしているのをそのままに放置していると、ひび割れした個所から雨水が侵入して、内部の木材を湿らせてしまう事になります。内部の木材が湿ってしまうとそこにカビが生えてしまったり、木材が腐ってしまって家屋の構造体自体の強度を損なってしまう場合があります。家屋の構造体自体の強度が弱ってしまうとそのまま家屋に住み続けることができなくなる場合もあるので、屋根や壁にひび割れ等があれば早急に塗装をして傷をふさぐ必要があります。

遮熱塗料であれば熱の侵入を防いでくれるので暑い気候の地域でも有効です。例えば九州のような福岡のような温暖な地域でも塗料を使用するメリットは十分にあります。

各地域ごとに塗装を専門的に行ってくれる業者がいるので、安心して以来できる業者に施工をお願いすることがベストです。福岡ですと塗装 福岡さんが有名ですね。業者選びには、インターネットでの検索サイトなどを利用すると塗装の専門業者を簡単に見つけることが出来ます。